渡月橋

景勝地・嵐山のシンボル

桂川(大堰川)に架かる全長155mの橋。9世紀前半にはすでに存在していたといわれている。亀山上皇が橋の上を移動する月を眺め「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられたという。

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
電話番号
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅から徒歩3分
営業時間
見学自由
定休日
無休
駐車場
あり (350台)

提供元:昭文社