国指定史跡 武蔵国分寺跡

全国の国分寺のなかで最大級の規模

天平13(741)年の聖武天皇の詔によって建立された武蔵国分寺の跡で国指定史跡。僧寺と尼寺で構成されており、関連する遺跡は東西1.5km、南北1kmに及ぶ。現在も金堂や七重塔の礎石が残り、講堂の復元基壇がある。

住所
東京都国分寺市西元町1~3丁目
電話番号
042-300-0073(国分寺市教育委員会ふるさと文化財課)
交通
JR中央線西国分寺駅から徒歩15分
営業時間
見学自由
定休日
無休
駐車場
なし

提供元:昭文社