よくあるご質問・賃貸でタバコを吸う場合、壁紙の原状回復代は全額入居者負担?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

12年住んで今度退居します。タバコを吸うので壁紙が黄色く変色してひどい状態です。壁紙の張替え代が怖いのですがやはり私が全て弁償しないといけないのでしょうか。

もしあなたが都内在住であれば、都からでている敷金返還ガイドライン、東京ルールを参考にするとよいでしょう。
もし東京でなければ国土交通省のガイドラインが参考になります。

それによると、賃貸でタバコを吸う行為自体は特に問題ありません。壁が汚れたとしても、通常の退居時のクリーニングで落ちる程度のヤニ汚れなら入居者に負担はありません。
しかし、クリーニングでも落ちないほどの汚れであれば、これは通常の部屋の使い方ではないとみなされます。そのような場合は入居者負担で壁紙を修繕(あるいは貼り直し)して元に戻さないといけないのです。


ただし、12年も住んでいたのであればどんなに綺麗に部屋を使っていたとしても、古くなって汚れてきてしまいます。年月が経過するに従って物の価値は新品と比較すると相対的に落ちていくものです。
そのような観点から考えるとたとえタバコのヤニで部屋を汚したのが入居者の責任だとしても、それを全て入居者負担で新品や最新状態のものに取り替えるのは不公平だと言えます。
特にタバコを吸わない場合と比較すると、入居者がたまたまタバコを吸っていたという事情があったせいで、大家さんは新品を自分の負担なしで手に入れてしまいます。

例えば、東京ルールは経年による劣化分については入居者の負担はないとしています。壁紙なら6年で価値が新品の時の10%になると示しています。
従って今回の壁紙交換については、壁紙を入居者負担で張替えなくてはいけませんが、張り替え費用は全体の10%が妥当と思われます。

但し、この東京ルールは法律ではなくあくまで都が推奨しているにすぎないルールですので、別に守る必要はないのです。
例えば東京ルール以上の請求を大家さんがしても問題ないですし、東京ルールと反する特約を結んでも何も支障はありません。契約は自由であり、当事者の合意で成り立つのです。従って具体的にどのくらいの請求がくるのかは大家さん次第ですが、交渉のときに東京ルールは大きな武器の一つになるので納得いくまで大家さん・管理会社と話合うことが大事です。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ