よくあるご質問・どこまで部屋の原状回復しないといけないの?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

カテゴリー:退去時

どこまで部屋の原状回復しないといけないの?

契約書には退去時に部屋を原状回復して明け渡さなければならないと記載されていますけど、完全にもとの状態に戻すことは不可能ではないですか?
どこまでならセーフなのかを知りたいです。

賃貸における原状回復という言葉は、入居した時の状態そのままに戻すという意味ではありません。入居者のミスで汚したり壊してしまったところを入居者の負担で原状回復して下さい、という意味です。

物は年月が経てば劣化していきます。どんなに丁寧に使っていたとしても劣化は進みます。これを経年劣化といいますが、経年劣化の分は大家さんが負担するのが普通です。
具体的には、例えばコーヒーをこぼして汚してしまった壁紙は入居者の全額負担で原状回復をしなければなりませんが、数年間丁寧に使ったのに色が褪せてしまったような場合は、年数に応じて大家さんと交換費用を分け合う形になります。

但し、特約によって全額負担とする場合もありますので、特約はしっかりと確認しておくことが重要です。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国180店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JPX