よくあるご質問・天井についた照明器具の跡は原状回復の対象になる?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

カテゴリー:退去時

天井についた照明器具の跡は原状回復の対象になる?

天井に直接つけるタイプの照明器具をなぞるように焼けがついてしまった。このような跡は原状回復の義務に従ってクリーニングとかをしなければいけないのですか?

誰が設置したものかによって変わります。
自らが設置したものなら、当然原状回復をしなければなりません。
入居当初から設置されていた照明器具を使用して自然についた跡なら、原状回復をする必要はありません。しかし、ここで注意しなければならないのは、その照明器具が前の居住者のもの、すなわち残置物だったかどうかです。もし残置物だった場合は入居者の負担になる可能性があります。
契約前に物件の残置物はどれが該当するかをチェックすることをお勧めします。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国180店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JPX