よくあるご質問・設備が故障しても修理してくれない!修理が終わるまで家賃を払わなくてよいですか?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

部屋が老朽化のためかなりひどく雨漏りして住めない状態です。何度大家さんに修繕を頼んでも修繕してくれません。
頭にきて家賃をもう4ヶ月払っていないのですが、先日突然大家さんから家賃滞納で退去しろといわれました。退去しないといけませんか?

ポイントは二つあります。

一つは、大家さんが部屋の修繕をしなかった場合、入居者はその対抗手段として家賃を払わなくても問題ないのか、という点です。

結論から言えば、家賃を支払う必要はありません。
まず、大家さんは、入居者に対し、部屋を特に不便なく居住できる状態で提供する義務があります。その対価として、入居者は家賃を払います。
今回のケースは、ひどい雨漏りのため、生活に支障が出ている状況です。そう考えると、大家さんは普通に暮らせるレベルの部屋を提供する義務を果たしていないことになります。
そもそも、賃貸借契約は大家さんと入居者がそれぞれの義務を果たすことによって成り立つ契約です。これを、法律用語では「双務契約」といいます。
一方が義務を果たしていない状態にもかかわらず、片方のみ義務を果たし続けなくてはならないというのでは、契約の均衡を欠いてしまうため、法律では、片方が義務を果たさないのであれば、他方も相手が義務を果たすまでその義務を免除することを認めています。これを専門用語で「同時履行の抗弁権」と呼びます。
このケースの場合、居住に支障がある欠陥を放置している大家さんが修繕の義務を果たすまで、入居者が「同時履行の抗弁権」を行使し、家賃の支払い義務を保留している形といえるでしょう。

もう一つのポイントは、もし大家さんが部屋を修繕し終わって、入居者が支払いを保留していた家賃を支払う場合、いくらまで払えばいいのか、ということです。

感情的には、修繕されるまでの間は不便な生活を強いられたのですから、その間の家賃は免除や半額値引きなどを要求したいところです。
しかし、残念ながら、それは難しいでしょう。
雨漏りで住みにくくなったとしても、居住しているということに変わりはありませんので、その分の対価はどうやっても払わなければなりません。
もし、家賃の全額支払拒否が可能になると、大家さんに対して著しく不利な契約になりますので、契約の均衡を欠くとして認められないのです。
今回のケースでは、雨漏りによって失われた価値の分を減算した金額の家賃を支払う、という形で決着を見るかと思います。
ただし、実際は雨漏りによって減った価値を金銭に換算するのは難しく、いくら減額するのかという交渉は難航する可能性があります。
そのため、無用のトラブル等で時間を取られるのが嫌なら、自分で業者を呼んで直してしまって、その修繕費を家賃と相殺するのが手っ取り早いこともあります。

このようなケースが起こったら、まずは仲介業者に相談してみましょう。そのために仲介業者は存在するのです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国179店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ