よくあるご質問・入居したら間取図と違った!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

入居したら間取図と違った!契約を解除できる?

まず、どの程度間取り図と違うのか、によって変わってきます。

例えば図面にあるはずの部屋がない、廊下があると記されているのに廊下がなかった、などの重大な相違がある場合。
そういうケースなら、契約を解除できる可能性が高いでしょう。
内見をしてもしなくても、図面と大幅に異なっていると、契約の本来の主旨を成し遂げられません。入居者が契約したのは「もう一部屋多い物件」あるいは「廊下が存在する物件」なのです。従って、解除は認められるでしょう。
図面はあくまで目安としての機能しかありませんが、契約締結の際の重要な判断材料になるのは明らかです。図面どおりでという内容で契約したのであれば、当然大家さんは図面どおりの部屋を用意する必要があります。それができないのですから、解除は認められる可能性が高いでしょう。
解除に加え、敷金および礼金はもとより、交通費、引越し代など、こちら側が契約を遂行するのにかかった費用の大半を請求できるでしょう。

では重大な相違とまではいかないケースはどうでしょうか。
例えば壁の角度がわずかに図面と異なっている場合や、実際に入居してみたところイメージが違ったというような場合です。
前者の場合は、店舗向けの事業用物件であればわずかな相違でも営業に差し支えがあるので問題となる可能性はありますが、通常の居住用であれば十分居住の用をたすことが可能な為解除までは難しいでしょう。但し、交渉により家賃減額や何らかの譲歩を引き出せることがあるかもしれません。
後者の場合は、こういう曖昧な理由での解除を安易に認めれば大家さんが困ってしまいます。イメージは人それぞれです。実際の部屋と、間取り図が違うことが多いからこそ多くの入居者は内見をします。契約前に内見をしなかったのであれば、イメージと違うというリスクを承知で契約したものとみなされるでしょう。従って、このような理由での解約は認められない可能性が高いでしょう。

ですが、内見をすれば安心というものでもありません。
内見したにもかかわらず、一目ですぐに気付くような相違を見落としてしまったら、こちらにも落ち度があると判断され、過失分を相殺される可能性があります。
例えば、図には洋室と記載されていたが、内見でその部屋は実際は和室だった。しかし気付かずに契約し、洋室用の家具を購入して引越してようやく誤りに気付いた。このようなケースでは、内見時に見落としたこちらの過失を指摘される可能性があるでしょう。

いずれにしろ、出来る限り契約前に内見を行い、しっかりと確認をすることが、満足行く部屋探しには欠かせないものです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ