よくあるご質問・夜逃げをしたらどんな問題がある?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

事業に失敗して家賃も払えません。家には恐ろしい人が取りたてにきます。夜逃げをしようと思うのですが、できるだけ誰にも迷惑かけたくありません。夜逃げするとどのような問題がありますか?

出来るだけ誰にも迷惑をかけたくないのなら、夜逃げ自体をやめるべきです。

夜逃げをすると、大家は賃貸契約の解除を行い、部屋の明渡し訴訟を起こします。判決が下されるには約3ヶ月弱かかるでしょう。部屋に残った物品の処分にも、強制執行などの対応をします。
この間大家は家賃収入が途絶えます。家賃収入がない上に、部屋の中に残された荷物も勝手に処分できず、当然次の人にも貸せない状態が続きます。判決を得て最終的にまた賃貸物件として貸すことができるようになるには、早くて3ヶ月、長ければ半年以上かかることもあります。
裁判費用もかかるでしょう。弁護士費用などで数十万は必要になります。
そして、これらの出費は、最終的にはほとんどを連帯保証人が負担することになります。
夜逃げした本人も、常におびえながら生活することになります。それに、いつまでも逃げ切れるとは限りません。もし追っているのが筋の悪い者だったなら、どうなるか分かったものじゃありません。
結局、夜逃げしたところで事態を悪化させるだけで、誰も得をしないのです。

どうしても夜逃げするのであれば、まずは大家に家賃が払えないから解約したいと伝え、きちんと解約手続きを取ることです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ