よくあるご質問・普通賃貸借契約から定期借家契約に切替られる!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

先日大家さんから通知があり、転勤から戻る為、次の更新から普通賃貸契約を止めて定期借家契約に切り替えて欲しいとのことです。そしてその後再契約はせず、大家自身が住むとのことなのですが、応じないといけませんか?

「普通賃貸借」とは更新のある契約をいいます。契約期間が終わっても、入居者が更新したければ何度でも更新して契約を続ける(住み続ける)ことができる契約なのです。
それに対して「定期借家契約」は契約期間が終わったら更新はなく、入居者は立ち退きしないといけません。大家さんが再度契約してもよいと、再契約に応じてくれたら住み続けることができる契約なのです。

さて、今回大家さんは普通賃貸借契約から定期借家契約への変更を申し出ています。
つまりこれは、「更新によってずっと住み続けることができる契約」から「契約が切れたら退居しなければならない契約」へ変更して欲しいということです。
明らかに入居者に不利な申し出ですね。
結論から言うとこのような変更は法律で禁止されています。つまり変更できないわけです。
例えばファミリー向けの物件で、向こう10年以上はその地に根を張って暮らそうと入居者が思っていたのに、大家さんの一方的事情で契約の形態を変えられて退居せざるを得ないことになってしまったとしたらあまりにも酷です。
そのような悲劇を避ける為に、法律では普通賃貸借契約から定期借家契約への変更は認められていないのです。
なお、定期借家契約から普通賃貸借契約に変えるのは問題ありません。ずっと住み続けられない契約からずっと住み続けられる契約へ変更されるのですから、入居者には不利ではないですよね。だから問題はないのです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ