よくあるご質問・賃貸の地震対策はどうすればよい!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

地震での転倒対策として、家具を壁に取り付けようと思っています。その際、敷金精算に影響はありますか?

家具を壁に固定する転倒防止器具の多くは、ネジなどで壁に穴を開けて取り付けるタイプです。
壁に穴を開けてしまうと、壁紙だけでなく、その下の素材にも傷をつけます。よって原状を変更したとみなされ、壁紙のみならず、壁そのものの交換費用まで請求される可能性があるでしょう。

しかし、地震国である日本に住む以上、地震対策は必要です。ネジを使わない地震対策用グッズを使うのがよいでしょう。
突っ張り棒タイプの転倒防止器具、耐震マットなど、壁に穴を開けずとも使える耐震グッズは豊富です。
どうしても壁に固定したいのであれば、極細タイプのネジを使うことで壁の傷を最小限にする方法もあります。目立たない傷であれば原状を変更したとされずセーフになるかもしれませんが、壁に穴を開けることに変わりはないため、お勧めしません。

賃貸に住む以上、原状回復によって敷金が減るのは避けられませんが、お金はたくさん戻ってきたほうが嬉しいものです。できる限り穴を開けないタイプの地震対策をするようにしましょう。

また、家具が転倒するほどの巨大な地震なら、家そのものに被害があるかもしれません。転倒防止対策も重要ですが、避難用のグッズも用意しておくとよいでしょう。

未来の自分の窮状を救ってくれるのは、現在の自分かもしれませんね。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ