よくあるご質問・無銭飲食だと捕まるのに家賃滞納はなぜ捕まらない!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

無銭飲食で逃げると警察に捕まりますが、家賃を滞納しても捕まったとは聞いたことがありません。なぜですか?

無銭飲食をすればもれなく捕まるわけではありません。

無銭飲食は、刑法上は詐欺罪に分類されます。
金銭を支払う意思がないにもかかわらず、支払うように見せかけて利益を得た、という理屈で、人を騙す意思を持ってそれを行動に移したことから、詐欺罪に分類されるのです。
逆に騙す意思がなければ、無銭飲食したように見えても犯罪の成立要件を満たさないため、詐欺罪にはなりません。刑事裁判では、騙す意思の有無が争点になりますが、意思があったと証明するのは困難です。刑事事件において、立証責任というのは基本的に原告にあります。原告側が被告に騙す意思があったという客観的事実を積み重ねて立証しなければならず、困難なのです。
無銭飲食が警察に捕まるケースがあるのは、その場から逃走しようとするなど、明らかに支払いを逃れる行動を見せたことによって騙す意思があったと客観的に認められ、詐欺罪の成立要件を満たしたため捕まるのです。

よって、無銭飲食をしても、大人しくしていて金がないことに気付かなかったと主張すれば、詐欺罪で捕まることは基本的にありません。ただし、それは刑法上罪に問われないだけで、債務自体がなくなるわけではありません。つまり、民事においては金銭を請求されることになります。
結局は支払いを逃れることはできないのです。

無論、家賃滞納も、同様の理屈が当てはまるため、詐欺罪として罰される可能性はあります。
家賃を払う意思がないにもかかわらず、賃貸契約を結び、部屋を借りる行為が詐欺罪の成立要件を満たすのですが、賃貸は契約時に1ヶ月分の家賃を前払いすることがほとんどのため、騙す以前に支払いが成立し、最初の1ヶ月分はそもそも詐欺罪自体が成立しえません。
では、2ヶ月目以降の家賃はどうか。
前述の無銭飲食をしてその場から逃走しようとするといった、明確に騙す意思があれば詐欺罪に問える可能性がありますが、賃貸においては騙してやろうという意思を原告側が立証することが難しいでしょう。
しかし、例えばLINEやTwitterなどで、今月も嘘をついてわざと家賃を踏み倒そうといった趣旨の投稿を何回もするなど、騙そうとする確固たる意思を表明していれば、詐欺罪として捕まる可能性はあります。
いずれにしろ、家賃を支払わなければならないことに変わりはありませんが。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ