よくあるご質問・申込・契約する時のチェックポイントを教えて下さい。①|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

申込・契約する時のチェックポイントを教えて下さい。

2回に分けて説明していきます。


【重要事項説明】
重要事項説明とは、今回契約する部屋について、設備はどんな設備なのか、その部屋について何か特別な事柄はないのか、権利関係はどうなっているのか等々、平たく言えば今回の契約の内容はどんな内容なのかを入居者に契約前に説明することをさします。
不動産屋はきちんと適切にこの説明を行うよう法律で義務付けられています。
しかし、忙しいなどと理由をつけてこの説明をしない仲介業者がいるので必ず説明してもらいましょう。
また、説明を受けた後は必ず「重要事項説明」と書かれた書面を不動産屋から交付されます。
この書面を交付してもらえない場合は、その時点で違法な不動産屋確定です。重要事項説明は「書面」で行うよう法律で決まっているので、必ず書面でもらうようにしましょう。
なお、ここで説明してもらった設備が入居中に壊れた場合は全額大家さんが負担して修理してくれます。逆にここで説明されなかった設備については大家さんは修理する義務がありません。エアコンなどがしっかりと設備項目に入っているか確認しておきましょう。


敷金
敷金を払うことになっている場合には、それが「敷引き」なのか、それとも通常の敷金なのか予め契約段階で聞いておきましょう。
通常の敷金であれば綺麗に部屋を利用していれば退去時にはほとんど戻ってきます。
しかし敷引きであれば、どんなに部屋を綺麗に利用しても一律定額で退去時に没収される金銭なので確認が必要です。


【原状回復】
退去時の原状回復義務について大家さんと入居者の間で負担割合が決められていることがあります。
通常、何年もその部屋に住んでいれば、当然ですが部屋が経年劣化で傷んできます。このような経年劣化による傷みは大家さん負担で原状回復します。しかし、これを全て入居者負担にしているケースもあります。しっかりと契約段階で確認しておきましょう。
退去の時に知らなかったでは通じません。


【退去通知期間】
解約通知書はいつまでに提出しなければならないか、各契約によって違ってきます。多くは1ヶ月程度ですが、中には3ヶ月前に退去の予告をしなければならないといけない賃貸契約もあります。
例えば3ヶ月前までに提出しなければならない場合であれば、自分が退居する残り1ヶ月で通知を急いで出したとしても、そこからさらに2カ月分の家賃の請求がくることになります。これもしっかりと確認しておきましょう。


【申込金】
申込に際して申込金を支払う場合があります。
この申込金は、万が一契約をキャンセルした場合は全額戻ってくる性質のお金です。しかし悪徳な不動産屋は理由を付けて返金しません。
そこで、申込金を払う場合は必ず「預り証」を発行してもらうようにしましょう。預り証とは、今不動産屋に渡したお金は不動産屋に支払った金銭でなく、単に預かってもらってるだけのお金ですよ、という程度の意味でとらえてもらって結構です。さらに、その預り証に「キャンセルの場合は全額返金します」と一筆もらって判子を押してもらえば問題ないでしょう。


入居も大事ですが、退去の際に起こる事柄を確認することが重要です。
とにかく、納得がいかない箇所があれば、判子を押す必要はありません。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ