よくあるご質問・爆風で壁が吹き飛んでしまったら…?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

自宅で機械を修理していたらその機械が爆発し壁が爆風で吹き飛んだニュースを見ました。万が一自分の身に起こったらと考えるととても怖いです。 この場合どうなるのですか?(修理していた方は生きていたそうです)

爆発も、火事も、部屋に損害を与えるという点では同じです。
ですが、この二つは損害は同じようであっても、扱いが違うのです。
通常の火災は、他人の家に類焼しても、重過失が自分にあった場合や故意の火災(放火)でない限り、責任を取る必要はありません。
要は賠償する必要も、訴追されることもないということです。

しかし、爆発の場合は違います。
爆発の場合は、過失がなかったとしても、結果的に爆発が起こればその責任をとらなければいけません。当然隣人の損害を弁済する必要があります。
よくあるのはガス爆発です。ボンベ式のコンロの用途を誤って爆発させたというニュースは珍しくありません。保険に入っていないと、多額の損害賠償を請求されるでしょう。損害賠償だけでなく、慰謝料の請求もあるかもしれません。
もちろん、部屋の修繕代も自分持ちとなります。
また、契約書には大抵、「引火物および爆発物の持ち込みを禁じる」との記載があります。厳しいところでは、石油ストーブやそれに使う灯油、ボンベ式のガスコンロの持ち込みを禁止しているところもあります。爆発のおそれのある機械を、危険性を知っていた上で持ち込んだなら、契約違反として退去を迫られるかもしれません。

それだけでなく、ほぼ確実に警察から任意で事情を聞かれます。機械が違法なものではないかの捜査、なぜ持ち込んだかという動機、使用時の状況などを細かく聞かれ、場合によっては「過失激発物破裂罪」として刑法犯として逮捕されるかもしれません。逮捕されれば仕事をクビになる可能性があります。
被害状況が軽ければ起訴猶予や書類送検程度で済むことが多いです。刑事裁判に持ち込まれたら、被害の程度によって判決も変わってきます。複数人にけがをさせたら執行猶予の懲役刑、多数を死傷させれば実刑まであるでしょう。

入居者が爆発で不幸にも命を落としたら、連帯保証人が代わりに債務を引き継がなければなりません。賠償額が多額に及ぶと、連帯保証人が破産してしまうこともありえるでしょう。

爆発の恐れがあるものはできる限り持ち込まないことです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ