よくあるご質問・お部屋の修繕義務は!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

10年住んでいた部屋から引っ越すことになりました。 10年間という期間の間で、いたるところに傷みがでてきています。 今まで傷んでいる箇所に関して修繕を申し出たことはありません。この場合敷金は返ってきますでしょうか?

基本的に入居者に責任のある(過失や故意による)傷を除いて、入居者には修繕費の負担義務はないということになっています。
したがって、入居者に全く落ち度がなく、普通に暮らしていればでてくるお部屋の痛み(経年劣化といいます。)などは修繕の対象ではありません。

現在のお部屋の痛みが自分の責任でついた傷でないのであれば、さほど心配はないかと思われます。
逆に入居者の責任による傷や破損であれば入居者の負担になりますが、実は長年住めば住むほど入居者の負担割合は減っていく傾向になります。
例えば部屋のドアを壊した場合、新品のドアに取り替えますが、入居者が全額費用負担すれば大家さんは無料で新品のドアを手に入れることができます。もし入居者が壊していなければ、10年間使った中古のドアが残るだけです。10年も使って傷んだからとそれすらも修繕の対象になると、全てを入居者が新調することになりかねず非常に不公平な為、住んだ年数に応じて入居者の負担割合は減るのです。ただし、どうやってもゼロにはなりません。

ただし、修繕を放置したことによって損害が拡大したりした場合は、全額負担となる可能性があります。
よくあるケースが、水道管の水漏れが発生しているのに、水滴が垂れる程度のものだったため修繕の申し出を行わず、その結果水滴がしみた床下が腐食し床ごと取り替える必要になったなどです。
そのような大きな過失がなければさほどは心配はないでしょう。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ