よくあるご質問・半同棲状態って契約違反!?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

これから契約するんですが、友人や恋人がよく遊びにくる予定です。週に3~4日は泊まりに来ることがあると思うんですが、隠れてこそこそしたくありません。どうすればいいですか?

ワンルーム賃貸において、同居や同棲は契約違反になることがほとんどで、二人以上入居可の物件でも、契約時に入居者全員の署名と捺印を求めるケースが多いです。
理由としては、同居人との話し声、喧嘩などが近隣との騒音トラブルになる可能性が高まるのが一番大きいでしょう。大家はそういう近隣トラブルを一番嫌います。
また、同居だと風呂やトイレの使用量が単純に倍近くになるため、室内設備の劣化が早くなります。
大家としては、管理する側としてそれらの状況を把握しておきたいため、同居に許可を必要とする物件が多いのです。
つまり、同居や同棲をするならしっかりと大家に伝えて許可を得るのはほぼ必須と考えてよいでしょう。

では、同棲とまでは言わないが頻繁に泊まりに来たりする、いわゆる「半同棲」状態、もしくは友人が頻繁に家に来て長時間遊ぶような場合については問題ないか。
頻繁に泊まりに来るのであれば、前述した同居時のトラブルが発生する確率が上がります。
つまり、泊まりに来ること自体が問題というよりも、泊まりにくることによって「問題を起こしてしまう」といえるでしょう。
大抵、契約書には近隣トラブルを起こすなどの問題を起こしたら退去するという旨の条項があります。
よって、「半同居」「半同棲」を大家に通達しないのは好ましくないといえるでしょう。

物件選びの際、頻繁に泊まりに来るような状況が想定されるのであっても、賃貸物件の契約書に「友人の宿泊禁止」等と書かれいる場合を除き、普通に住みたい物件を探しても構いません。ただ、できる限り、壁が厚めで話し声が漏れにくい物件を探すのがよいでしょう。
また、仲介不動産屋に、恋人や友人がよく泊まりに来ることを話し、うるさくするつもりはないこと、室内はしっかりと綺麗に使うことをしっかり伝え、約束しましょう。
大家との面談があれば、そこに恋人に同席してもらって、時々泊まりにくることがあるとあらかじめ話を通しておくと、心証も良くなるでしょう。

宿泊頻度についても、契約前に相談しておくとよいでしょう。
無論、頻度にも限度がありますので、週の半分以上泊まることがあるなら、二人入居可の物件を探すのが賢明です。その際、同居人として申請することが認められるなら、そうするとよいでしょう。同居人であれば、契約者や連帯保証人とは立場が違うので、金銭的な責任もありませんので心理面でも楽です。

≪関連した質問≫
単身者用マンションで同棲したら即退去?
https://www.housecom.jp/faq/detail_97/

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ