よくあるご質問・部屋で10年前に自殺が!告知は何年間しないといけない?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

前の前の入居者が自殺した。自殺してから今年で10年らしいが、仲介会社からその説明を聞いていません!知っていれば絶対借りなかったのに。どうすればいい?

確かに、前の入居者が自殺や殺人などの事件性のある状態で亡くなった場合、仲介業者は入居希望者へその事実の告知を行わなければなりません。
では、この告知はどのくらいの期間行わなければいけないのか。

実はこの期間については、法律でも明確な年数の指定がなく、裁判所での判決も固まっていません。よって、実務を行う各仲介業者の間でも見解が別れ、それぞれ独自の基準を設けて運用しています。
一般的な賃貸物件なら、おおむね5年前後までは告知を行っている仲介業者が多いようです。5年ほど経てば、そのようなことが起こったということは次第に風化して忘れ去られることが多い、との判断からでしょう。
無論、中には3年程度で告知をしない業者もいれば、10年経過していてもしっかりと告知する業者もいます。

10年も経過していれば、告知義務違反とまではいえないと判定される可能性が高いでしょう。
どうしても住み続けたくないなら、別に部屋を探して移るしかありません。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ