よくあるご質問・10年前に今の部屋で自殺があったと初めて聞いた。これって問題でしょ?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

カテゴリー:入居中

10年前に今の部屋で自殺があったと初めて聞いた。これって問題でしょ?

今入居中の部屋、前の前の入居者が首を吊ったらしいって聞いて、途端に部屋がとても気持ち悪くなってしまいました…。約10年前の出来事のようだけど、仲介会社からそんなことは一言も説明されていない。もし知っていたら、こんな気味悪い部屋は絶対に借りなかったのに!
確か、こういうことは前もってきちんと伝えないといけなかったと思うので、仲介業者に仲介手数料の返還や慰謝料や引っ越し代の請求とかできない?

確かに、前の入居者が自殺や殺人などの事件性のある状態で亡くなった場合、仲介業者はその事実の告知を行わなければならないことになっています。
では、何年経過すれば告知する必要はないとされるのか。
実はその基準は法に記載がないため明確には決まっておらず、裁判所の見解も固まっていません。よって、業者ごとに告知を実施する期間が異なっているという状況になっています。3年経過すれば以後は不要とする業者もいれば、10年が経っていても参考情報として告知する業者もいます。平均して約5年前後というところではないでしょうか。
本件は10年も前の出来事ですので、告知義務違反とみなされる可能性はほとんど無いと思われます。どうしても住み続けたくないなら、別に部屋を探して転居するしかありません。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国180店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JPX