よくあるご質問・連帯保証人が死んだらどうなる?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

連帯保証人が死にました。どうなるのでしょうか。新しく保証人を立てられない場合、私は退居しないといけないのでしょうか?

退去する必要はないでしょう。

連帯保証人が死んだ場合、その地位は相続人に相続されます。
相続人が健在ならその者が新たに連帯保証人になるため、契約書を書き換える程度で問題はないでしょう。

但し、相続人は相続放棄といって故人の権利関係や財産を相続するか、放棄するかを選択する権利があります。もし相続人が相続を放棄したら、連帯保証人がいない状態となります。また、相続人が自分だった場合も、入居者と連帯保証人が同一になるため事実上連帯保証人がいなくなります。
そうなった場合は、新たに連帯保証人をたてるように言われるはずです。誰かに新たに保証人になってもらうか、保証会社を利用しましょう。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ