よくあるご質問・手付け金を支払った後で解約したいのですが・・・|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

手付け金の支払い後に重要事項説明があったが、説明内容に不審点があったので契約をやめたい。手付け金の返金はできるか?

問題なく仲介不動産屋へ返金を請求できます。

普通、重要事項説明は契約前にしなければならないことになっています。また、手付金は契約後に支払うものであり、質問のケースだと流れが逆になっています。
まず、重要事項説明を行い、契約を締結し、その後に手付金を支払うのが正しい流れです。

重要事項説明は契約締結の判断に影響を及ぼすと思われる事項、例えば事故の有無、抵当権の有無、その他特殊な居住条件などを詳細に説明することです。よって、法律で契約前に重要事項説明を行うことを業者に義務付けています。
それを聞いたうえで契約を締結し、手付金を支払った後、気が変わって解約したくなったなら、当然手付金は没収されます。全て滞りなく説明され、一度は納得したうえで契約を結んだのであるから、没収は当然といえます。

しかし、業者のミスにより契約後に重要事項説明をされたなら、入居者は契約に影響を及ぼすような判断材料を知る機会を与えられないまま、その契約を結んだことになります。一方が果たすべき義務を果たさなかったにもかかわらず、一度契約を結んだ以上手付金を返還しないのは著しく公平性を欠きます。
まともな業者なら、ミスを認めて返金に応じるでしょう。
もし業者が応じないなら、速やかに国土交通省や都道府県の窓口に連絡しましょう。もちろん、法令に違反している業者がいると伝えるのです。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国176店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ