よくあるご質問・賃貸で友人の連帯保証人になってもよい?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

友人から連帯保証人を頼まれた。受けてもいいですか?

連帯保証人というものを理解してから、改めて引き受けてもいいか考えるとよいでしょう。

まず、連帯保証人は、とてつもなく重いものだと知っておかなければなりません。
被保証人を連帯して保証すると書けば簡単ですが、連帯保証人は被保証人が受ける利益は得られません。
このケースでは、友人は賃貸物件に住むという利益を得ますが、同居でもしない限り、連帯保証人は物件に住むという利益に与れません。
しかし、友人がもし家賃を滞納するなどしたら、その家賃債務は連帯保証人の債務も同然となります。

つまり、連帯保証とは、「この人が借金をこしらえても、私が代わりに全部払うから大丈夫。だからこの人を信用してくれ」と宣言することです。

何もメリットがあるものではないことは明白でしょう。
一度賃貸契約の連帯保証人になると、自分から賃貸借契約を解約して連帯保証人を辞めることは難しくなります。賃貸借契約は入居者と大家の間の契約であり、解約するかどうかの判断はこの二者のみにできます。連帯保証人が口を出すことはできないのです。賃貸契約が満了、もしくは解約で終了するまで待つことで、ようやく解放されるのです。
連帯保証人から法的に何かするには裁判を起こす必要があるでしょう。

大家は1ヶ月目の家賃の督促で連帯保証人に対していきなり請求をすることがができますが、連帯保証人はまず最初に入居者の方へ督促しろと主張することはできません。納得がいかなくても、請求が来たら支払う義務があります。
大家にとっては、入居者であろうが、連帯保証人であろうが、関係ありません。二人は同一の債務を抱えているとみなすからです。入居者が毎晩大金を使って遊び歩いていても、連帯保証人のほうに請求がきたら、それを支払わなければなりません。
他にも、入居者が過失によって建物を燃やしたら、連帯保証人はその分の損害賠償をしなければなりませんし、退去時の原状回復費が足りなくなったら、その分も負担しなければなりません。

また、いきなり身の覚えのない家賃請求が来るケースがあります。調べると、死んだ父がある人の賃貸契約の連帯保証人になっており、その人が家賃を滞納したため自分のほうに請求が来たとわかります。
何故自分に請求が来るのか、それは、父が死んだ時に相続人である自分に父の連帯保証人の立場が受け継がれたからです。
つまり、連帯保証人の立場は相続される、ということも知っておくとよいでしょう。

このように非常に重い同一の債務を負うため、通常、連帯保証人は親権を持つ親や親族がなることがほとんどです。
友人同士で気軽になるようなものではありません。互いが唯一無二の親友というほどでもなければ、引き受けない方が賢明でしょう。でないと一生後悔するはめになりかねません。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ