よくあるご質問・契約書に印を押す前に保証人をたてられなくなりキャンセルした。ペナルティは?|賃貸[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て]を探すならハウスコム

お部屋さがしはハウスコム

キーワードからお部屋を探す

と

お部屋さがしはハウスコム

と

よくあるご質問

契約書を書きに行く前日に連帯保証人と喧嘩してしまい保証人にはならないといわれた。仕方なく翌日その旨伝えて契約をキャンセルしたが、手付け金は没収するといわれた。おかしくないですか?

手付金とは契約が成立してから支払う金銭になりますので、成立後に解約すると基本的に返還されません。
質問のケースは、契約書に判を押していないのにあわせ、そもそも連帯保証人が保証を拒否したため連帯保証契約は成立していない、すなわち賃貸借契約も成立していないように見えます。。
確かに、連帯保証契約は必ず書面に残す必要があるため、契約書をまだ書いていない状況では連帯保証契約は成立しません。
しかし、そうだからといって賃貸借契約も成立していない、とはなりません。誤解があるのです。

賃貸借契約は、口頭での約束でも成立します。これは賃貸借契約に限ったことではありません。民法では、契約全般は口約束でも成立するとされています。借主が借りたいという意思を貸主に伝え、貸主がそれを承諾したのを借主が確認した時点で、賃貸借契約は成立します。すなわち、連帯保証契約は成立、未成立にかかわらず、賃貸借契約成立の条件ではないのです。
契約書という紙きれはあとで契約内容等でもめないために残すのであって、極端な話、作成する必要はありません。一般的な賃貸借契約ではまずあり得ないことですが、契約とはそういうものだということは知っておくとよいでしょう。

では連帯保証契約はどういう位置づけになるかについてですが、それは賃貸借契約を解除する条件のひとつとされています。連帯保証契約が成立すれば賃貸借契約は解除されませんが、逆に連帯保証契約が成立しなければ、賃貸借契約は自動的に解除されます。
質問のケースでは、貸主と借主との口約束によって賃貸借契約は発効したが、連帯保証契約が成立しなかったために自動的に解除された、と解釈します。
よって、契約は成立したがすぐに解約されたため、借主が納めた手付金は没収されたのです。

おかしいと思うかもしれませんが、このように見ていけば、法的にはなんら問題ないということが分かるかと思います。

もちろん、納得がいかなければ交渉の余地はあるでしょう。全額とは言わなくても、半分程度ならと返還に応じてくれる可能性はあります。一度事情を説明してみましょう。

よくあるご質問TOPへ戻る

質問を探し直す

キーワードから探す

検索

賃貸をお探しの方はこちらから検索していただけます

  • 路線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 地図から探す

インデックスページへ戻る

  • LINEアプリを使ってお部屋さがしができます【QRコードから追加】
  • オンライン内見でお部屋さがし
  • GLOBAL SUPPORT PLAN 来日前でも日本のお部屋が借りられます

ハウスコムのレンタルスペース

ハウスコム公式Facebook

住まいの様々な情報を発信!

賃貸物件(マンション・アパート)検索サイト"ハウスコム" 全国177店舗の"ハウスコム"は、
最新の賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸住宅情報をご紹介しています。

このページの先頭へ

  • 日管協
  • 全住協
  • JASDAQ