賃貸 ウォシュレット

賃貸でウォシュレット︎®は設置可能!方法や注意点などをわかりやすく解説

目次

今や生活に欠かせない設備となったウォシュレット®(温水洗浄便座)ですが、部屋探しの際、気に入った物件に温水洗浄便座がなかったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか。また、現在住んでいる賃貸物件に温水洗浄便座がなく、今もそのまま生活をしているという方も珍しくありません。

そこで今回は、賃貸物件で温水洗浄便座のメリットや、温水洗浄便座を設置したいときの方法について解説します。また、おすすめの商品も紹介していきますので、今から賃貸物件を探される方はぜひチェックしてみてください。

温水洗浄便座があるおすすめの住まいを見る

エリア別に物件を探す

Powered by

賃貸物件でウォシュレット︎(温水洗浄便座)を取り付ける際の流れ

賃貸 ウォシュレット

結論から述べると、賃貸物件でも温水洗浄便座を設置することは可能です。ただし、賃貸物件の退去時には「原状回復義務」が生じるほか、物件の中の設備を勝手に交換することは契約上認められていません。

まずは、温水洗浄便座がない物件に対して、温水洗浄便座を設置するための手続きや確認すべき内容について説明していきます。

①物件のトイレがそもそも設置可能な条件を満たしているか確認する

当然ですが、温水洗浄便座を使うには電気が必要であり、トイレの中にコンセントがなければ使用できません。トイレの中にコンセントがない場合は、別途電気工事を実施し、コンセントを新設する必要があります。

また、トイレ内は水気があるため、コンセントと合わせてアースの設置も必要です。アースが設置されていない場合、漏電が発生した際の感電事故のリスクが上がります。また、落雷時の故障リスクを軽減させるという役割もありますので、温水洗浄便座を設置するときは、コンセントとアースが必要であるということを覚えておいてください。

そのほか、タンクがないタイプのトイレで、さらにハンドルではなくレバーで水を流す場合、設置に別途費用がかかります。ただし、これは公共施設のトイレに利用されているもので、賃貸物件で目にすることはほとんどありません。

特に設置が困難になると考えられるのは、3点ユニットバスタイプのケースです。3点ユニットバスとは、浴室内にトイレと洗面台が設置されているタイプをいいます。コンセントの設置には電気工事を実施する必要がありますが、浴室工事の場合、漏水のリスクが懸念されます。

物理的に不可能な工事ではありませんが、3点ユニットバスの場合、温水洗浄便座の設置は極めて困難であるということを頭に入れておきましょう。

②大家さん(管理会社)に許可を取る

賃貸借契約においては、退去時に部屋をきれいにして大家さんに返すという原状回復義務のほか、賃貸物件内の設備を勝手に交換してはいけないというルールが存在します。そのため、条件を確認したうえで、大家さんもしくは管理会社に対して設置の許可を得なければなりません。

温水洗浄便座の設置は、基本的には便座部分の交換を行います。もともと設置されていた便座を保管しておき、退去の際に元通りにする必要があるのかを確認しましょう。大家さんによっては、そのまま設置したままで問題ないと判断することもあります。

また、コンセントがない場合、電気工事の許可も得なければなりません。トイレは気密性が高い場所であり、外部から電気配線を露出してトイレ内に引き込むことは現実的ではありません。そのため、壁の中を経由してコンセントを新設することが必要ですので、そういった工事の実施が可能かどうかについても聞いておく必要があります。

③自費負担のもと設置をする

大家さんもしくは管理会社に確認が取れた場合、温水洗浄便座の設置が叶います。一般的に、工事に要する費用は原則借主が負担することになります。また、大家さんもしくは管理会社が指定する電気業者での施工が条件となることもあり、そのような場合、勝手に業者を変えて工事を実施することはできません。

ウォシュレットのメリット

賃貸 ウォシュレット

温水洗浄便座を設置すれば、毎日のトイレの時間を快適に過ごすことができるようになります。ここからは、温水洗浄便座の具体的なメリットを見ていきましょう。

肌に優しい

温水洗浄便座は温水でお尻を洗うため、トイレットペーパーでお尻を拭く回数が減ることになります。これにより、肌に対する余計な刺激が抑えられ、きれ痔などのトラブルの予防に繋がります。

衛生的である

トイレットペーパーの利用回数の減少に比例して、便によるさまざまな感染リスクも抑えられるといわれています。

2020年に豪華客船内でコロナが発生した際の環境調査においても、トイレからは約39%の割合で菌が検出されました。これは、電話機から検出された約24%を大きく上回る数値であり、トイレの感染リスクの高さを示している数値といえます。

※出展:NIID 国立感染症研究所 「ダイヤモンドプリンセス号環境検査に関する報告(要旨)

冷たい思いをしなくてよい

「冬場の便座は冷たくて座るのに勇気がいる…」と悩んでいる方も少なくありません。また、冷たい便座を避けるために厚手のカバーをされている方も多いでしょう。

温水洗浄便座を設置すると、そういった悩みからは解放されます。また、温度調整機能も備わっているタイプもあり、うまく使えば冬場だけではなく夏場も快適に過ごすことができます。

ウォシュレットを設置する際の注意点(デメリット )

温水洗浄便座には魅力的なメリットが多数存在します。しかし、以下のようなデメリットがあることに注意しなければなりません。

電気代がかかる

当たり前のことですが、新しく家電を設置することになるので、その分電気代がかかります。たとえば、年間消費電力量を215kWh/年で計算すると、比較的安価な商品であっても年間約5,810円の電気代がかかるとされています。また、最新機種であっても年間約1,780円の電気代が発生するため、電気代の節約について考えておく必要があるといえるでしょう。

※出展:東芝 SCS-T161 「取扱説明書 施行説明書
※出典:公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 「電気料金の目安単価に関する件」より、1kWhあたり27円にて算定
※出展:Panasonic ューティ・トワレ DL-AWM600 「公式ホームページ」 

以下に電気代を抑えるための具体的な方法と節約効果を記載しますので、自分に合った方法を実践してみてください。

  • 便座のフタを閉めることで年間約940円の節約
  • 暖房便座の温度を平均より少し弱くすることで年間約710円の節約
  • 洗浄水の温度を平均より少し温度を下げることで年間約370円の節約

※出展:経済産業省 資源エネルギー庁 「省エネポータルサイト

汚れやすくなる

洗浄水の飛散によって、床が汚れやすくなるということが考えられます。水が流れる部分であれば良いのですが、便器の縁などに汚れが付着することもあります。温水洗浄便座を設置する前に、日々の清掃が今まで以上に必要になるというデメリットを把握しておかなければなりません。

ノズルを洗浄する必要がある

トイレは感染リスクの高い場所であるため、温水洗浄便座の利用にあたってノズルの洗浄は必須です。最近では自動的にノズルを洗浄する機能がついているものもありますが、衛生面を考えるとノズルを引き出し歯ブラシ等で優しく磨くことが必要です。

また、ノズルを直接触りたくないという方は、ノズル専用の洗剤を活用しましょう。ノズル部分に洗剤を噴霧するだけでも、一定の衛生状態を保つことができます。

漏水の可能性がある

温水洗浄便座は水を利用するものですので、目の届かない場所から水が漏れる可能性があります。大量に漏水するということは構造上考えにくいことですが、掃除の際に併せてチェックしておくと良いでしょう。

また、確認した際に漏水が確認できた場合は、大家さんや管理会社にすぐ報告を行い、その指示に従うようにしてください。

ウォシュレット(温水洗浄便座)の選び方のポイント

賃貸 ウォシュレット

温水洗浄便座といってもさまざまなタイプのものがあります。ライフスタイルや必要機能など、人によって適切な温水洗浄便座は異なりますので、以下の内容をチェックしてみてください。

温水の貯蔵方法

温水洗浄便座でノズルより噴出されるのは、水ではなく温水です。噴出する温水をどのように生成・保管するかにより、貯湯式と瞬間式に分類されます。

貯湯式は、その名のとおりお湯を貯めておくタイプのものです。温水洗浄便座は24時間のうち1時間程度しか利用しないものであり、常時お湯を保温するとその分余計なランニングコストが発生します。

また、貯蔵できる湯量には限界があり、連続して利用したときに洗浄水の温度が下がることも珍しくありません。一方、貯湯式は本体価格が安価に抑えられるというメリットがあります。

瞬間式は、洗浄する際に瞬間的に水を加熱して温水に変えるタイプのものです。利用する際にのみ必要な湯量を加熱しますので、ランニングコストは安く抑えることができるほか、湯温も使用量に関わらず安定するというメリットがあります。

ただし、本体価格は貯湯式と比較して高めに設定されているため注意が必要です。

便器の大きさ

温水洗浄便座を設置するにあたり、サイズを確認することも重要です。このとき、便器の陶器部分から縦に開口している部分の長さを測ります。

一般的に、32cmから35cmであれば、標準サイズの温水洗浄便座の設置が望ましいとされています。もし35cmから38cmであれば、大型サイズの温水洗浄便座の設置も可能です。昨今はトイレの大型化も進んでおり、おおむね2000年以降に建築された建物であれば、大型サイズのものが一般的とされています。

また、現在販売されている温水洗浄便座のほとんどは、標準サイズと大型サイズの兼用モデルです。便座の見た目が小さく感じられる場合でなければ、サイズに関してはそこまで気にする必要はないといえるでしょう。

操作パネル

温水洗浄便座の操作方法は大きく以下の2種類に分けられます。本体右手にボタンが設置されている便座一体型と、壁面にパネルが設置されている壁掛け型の2種類です。

便座一体型は安価ですが、わずかですが便座横にスペースが必要になります。また、壁掛け型は値段が高めに設定されており、比較的すっきりした印象を与えるものの、開口やビス止めなどの工事が必要です。

原状回復にかかる費用が増えてしまう可能性があるので、大家さんや管理会社へ確認のうえ、どちらが理想的なものか判断するのが良いでしょう。

その他機能について

昨今の温水洗浄便座には便利な機能がたくさんついています。洗浄水の水量調整はもちろん、洗浄範囲が稼働するものもあります。

また、脱臭機能やノズル排出機能、さらには自動でノズルを洗浄するタイプも珍しくありません。さらに、自動で節電モードに切り替わるタイプもあるため、それぞれ比較検討して自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

しかし、便利な機能がついている温水洗浄便座は高額で、手を出すことが難しいです。一方、最低限の機能さえあればいいという方は、安価に購入・設置することが可能です。

賃貸物件におすすめのウォシュレット(温水洗浄便座)

では、具体的に賃貸物件に設置するにあたって、おすすめの温水洗浄便座を見ていきましょう。

①TOTO ウォシュレット S1 TCF6543

  • 価格 64,424円(2022年5月17日現在)
    ※工事費込み

大手メーカーTOTOの標準的モデルです。壁掛け式リモコンタイプ、ノズル自動洗浄機能が安価に購入することができます。サイズも兼用であり、こだわりはないが、多少の機能性を重視される方におすすめです。

販売サイトはこちら

②LIXIL(INAX) シャワートイレ KBシリーズ CW-KB21

  • 価格 44,462円 (2022年5月17日現在)
    ※工事費込み

LIXIL(INAX) の安価な優良モデルです。壁掛け式のリモコンではありませんが、脱臭機能と節電機能がついています。サイズも兼用なので、最低限の機能と衛生面を重視される方におすすめです。

販売サイトはこちら

③Panasonic 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ CH941SPF

  • 価格 30,800円 (2022年5月17日現在)
    ※工事費込み

こちらはPanasonicの安価なモデルです。脱臭機能やノズル自動洗浄機能はありませんが、抗菌効果の高い銀イオンが採用されています。サイズも兼用であり、設置費用を重視される方におすすめです。

販売サイトはこちら

ウォシュレットの購入方法

ウォシュレットは家電量販店やホームセンター、インターネットなどで購入することができます。ただし、安いからといって温水洗浄便座だけを購入すると、設置工事を業者にお願いするか、あるいは自分でしなくてはいけません。

家主さんや管理会社が指定した工事業者があれば話は別ですが、借主自身で設置工事を手配する場合、施工不備によるリスクはすべて自分が負うことになります。リスク回避の観点からも、商品を熟知した施工実績のある業者から購入することをおすすめします。

最初からウォシュレットが設置されている賃貸物件を探すのもおすすめ

ここまで、ウォシュレットの設置に必要と考えられる手続きや費用、確認事項について解説しました。現実的な印象として、「設置が面倒」「費用が高い」などと感じられた方も多いのではないでしょうか。

最近は大家さんの配慮により、温水洗浄便座を初めから設置されている物件も多数あります。せっかくの新生活を始めるにあたり、ウォシュレットが設備として備わっている物件を条件として探してみるのもひとつの手です。

温水洗浄便座があるおすすめの住まいを見る

エリア別に物件を探す

Powered by

賃貸物件でもウォシュレットは設置できる!ただし許可を取って丁寧に設置しよう

ウォシュレットがついていない賃貸物件であっても、大家さんの許可があればウォシュレットを取り付けることは可能です。未設置のみならず、設置されているウォシュレットが古くて新品を設置したいと考えている場合にも、手続きを正しく踏むことで交換することができます。ただし、費用面や手続き面がネックとなることが多いので、不安な方はウォシュレットが設備として備わっている物件に住むことをおすすめします。

※”ウォシュレット®”は、TOTO株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です。