リフォームのプロが実践する!お部屋の乾燥を防ぐ方法と冬の加湿対策

目次

冬になると「肌がカサカサになる」「朝起きるとのどが痛い…」というのは、部屋の乾燥によるものです。部屋が乾燥していると、しわや小じわなどの美容面に良くないだけでなく、健康面にも悪影響を及ぼします。毎日を快適に心地よく過ごすためには、部屋の乾燥対策は欠かすことができません。

今回は、部屋乾燥のための対策をお部屋のプロの目線でご紹介します。これを読めば、部屋の乾燥対策はもちろん、乾燥しづらい部屋の特徴を知ることができますよ。

部屋が乾燥する原因

冬になると、部屋が乾燥していると感じる人は少なくありません。この部屋乾燥は、外気温や室内の温度と湿度が関係しています。

湿度とは、空気中に含まれる水蒸気量を比率で表したものです。空気1㎥が含むことができる水蒸気量の最大値を「飽和水蒸気量」といいますが、この「飽和水蒸気量」は気温によって大きく変化します。

中学理科などの教科書にも出ていますが、たとえば20℃のときの飽和水蒸気量はおよそ17.3g/㎥で、30℃なら約30.3g/㎥、5℃なら約6.8g/㎥です。このように、気温が下がる冬は、空気に含まれている水蒸気量が少なくなることから空気が乾燥しがちになります。逆に気温の高い夏は、空気中の水蒸気量が多いために蒸し暑くなるのです。

また、冬は、もともと水蒸気量が少ない室内の空気を暖房などで暖めることで、室内の湿度が下がります。たとえば室内が温度5℃、湿度50%の状態だったとすると、空気中に含まれる水蒸気量はおよそ3.4g/㎥です。この部屋を閉め切り、室内温度を20℃まで温めると、3.4÷17.3(20℃のときの飽和水蒸気量)×100≒20となり、室内の湿度はおよそ20%まで下がってしまいます。

そこに、暖房機器などの風によってさらに空気は乾燥していき、冬の部屋乾燥の原因となるわけです。

部屋が乾燥するとどうなる?

部屋が乾燥すると、美容や健康面に悪影響を及ぼすことになります。とくに健康面においては、生命の危険を及ぼす場合もあるため注意が必要です。

肌や髪の水分量が下がる

空気が乾燥すると、肌や髪の表面から水分が蒸発していきます。肌や髪から水分が奪われると、小じわやたるみが増えたり、髪がパサパサになったりしてしまいます。肌の水分と皮脂のバランスが崩れることで、冬になると肌がなんだか脂っぽくなるというのも、乾燥が原因の可能性もあるのです。

また、肌の乾燥がひどくなると「乾皮症」になることもあります。肌がボロボロになり、かゆみからかきむしって湿疹ができることも少なくありません。

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる

空気が乾燥することで、肌の水分蒸発量と皮脂分泌量のバランスが崩れ、肌や粘膜などのバリア機能が低下して免疫力が落ちてしまいます。

低温・低湿度の環境下では、ウイルスの活動が活発です。空気乾燥によって免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザ、そして、新型コロナウイルス感染症などのウイルス性感染症にかかりやすくなります。

また、肌から水分を奪われてしまうことで、水分不足から「隠れ脱水」になっていることもあり得ます。これによって、冬でも熱中症になる可能性があるので注意しましょう。

部屋の乾燥を防ぐ方法3選

ここからは、部屋の乾燥を防ぐ代表的な方法を3つご紹介します。

①加湿器を活用する

一般的なのは、加湿器を活用する方法です。加湿器専用のアロマを使うことにより癒やし効果が期待できるうえに、加湿器除菌剤をタンクに入れるだけで、空気中のウイルスや菌、カビを除菌し、室内のイヤなニオイを消臭してくれます。

加湿器に比べると割高になりますが、加湿機能付き空気清浄機の場合は調湿してくれるだけでなく、空気もきれいになり、毎日の暮らしを快適なものにしてくれます。

ただし、加湿しすぎることで結露などが起こると、カビやダニが発生することもあるため注意しましょう。

②濡れたタオルを吊るす

室内に水分を含ませたタオルを吊るすのも、ひとつの方法です。この方法は、ホテルなどに宿泊する際にも部屋を簡単に加湿できるので、覚えておくと便利です。

しかし、汚れが付いたタオルの場合、カビや雑菌が繁殖する原因にもなるため、1度使ったものは必ず洗濯するようにしましょう。

③水を入れたコップを置く

水を入れたコップを置くのもよく見られる方法ですが、コップでは水の表面積がそれほど大きくないため、蒸発する水分はあまり多くありません。そこで、不織布を入れて一部を浸しておくと、水分をより多く蒸発させることができます。

こうした不織布を用いた加湿グッズは、さまざまなアイテムが市販されています。

間取りや設備の見直しでも部屋乾燥は改善できる!

部屋の間取りや設備しだいでは、部屋乾燥を防ぎ、快適に過ごすことができます。住まいを探す際は、次にご紹介する間取りや設備などを参考に、しっかりチェックしましょう。

24時間換気システムで調湿をおこなう

2003年以降、一般戸建住宅への設置が義務化された24時間換気システムですが、最近では築浅の賃貸物件でもみかけるようになりました。

この24時間換気システムには、さまざまなタイプがあります。熱交換型換気システムの場合は、換気の際に排気される室内の熱や湿度を再利用し、室温や湿度を調整することが可能です。

住まい探しの際には、24時間換気の有無や種類、設置場所を確認するようにしましょう。

24時間換気システム付きの住まいを見る

エリア別に物件を探す

Powered by

床から部屋全体を暖めて乾燥を防ぐ

室内乾燥の原因のひとつは、冷暖房の風によるものです。寒い部屋をエアコンで暖房運転しつづけると、吐き出される風によって、室内の水蒸気量はどんどん少なくなってしまいます。

冷暖房による風を起こさず、部屋全体を暖められるのが「床暖房」といった床から暖める暖房機器です。床面を暖める床暖房は、床面から発する伝導熱とその熱から発生する対流熱が空気を循環させて、天井や壁を暖めます。そして、一度吸収された熱がふく射することにより、部屋全体を暖めるものです。

ほかの暖房器具のように風を出さないため、部屋が乾燥しづらく、ふく射熱で身体を芯から温めてくれます。

また、床暖房と同じように、床面を暖める暖房システムには「床下暖房」があります。これは、床暖房とは異なるものですが、床を暖めるという点においては同じです。

床暖房が直接床を暖めるのに対して、床下暖房は床下を暖め、その暖かい空気で床全体を暖めます。ともに空気が汚れず、部屋の乾燥を防ぐことが可能です。

※設備として「床下暖房」のほか「床暖房」が含まれている可能性もありますので、お問い合わせ時に詳細を必ずご確認ください。

外気温度の影響を受けにくい複層ガラスなら省エネにもなる

部屋乾燥は、屋外と室内の温度差も原因のひとつです。暖房で暖められた熱い空気は、暖かい方から冷たい方へと流れていきますが、およそ58%は窓などの開口部から流出します。

つまり、いくら部屋を暖めても窓から熱が逃げていくため、設定温度まで室温が上がらずに、暖房が運転しつづける状態になってしまいます。

厚手のカーテンなどで対策するのもよいですが、開口部が複層ガラスのサッシであれば、外気温度に影響されることがなく、暖かい空気が部屋から逃げていくのを防ぐことが可能です。

複層ガラスとは、二重構造のガラスのことです。二枚のガラスの間である中間層に気体が注入されていて、高い断熱効果だけでなく、防音効果もあります。

室温を快適に保つことができるので、暖房をずっとつけたままにする必要がなく、光熱費も抑えることが可能です。また、ガラス面で急激に冷やされることがないため、結露も発生しにくく、カビなどの発生も抑制できます。

ガスファンヒーターを活用する

「暖房による乾燥が気になる…」という場合は、ガスファンヒーターを使うのもひとつの方法です。ガスファンヒーターは、都市ガスやプロパンガスを燃焼し、空気中の酸素と結合することで、水と二酸化炭素にかわります。そのため、室内の湿度が下がりにくくなります。

また、ガスファンヒーターはスイッチを入れることで、急速に部屋を暖めることが可能です。石油ファンヒーターや石油ストーブのように、わざわざ燃料を補充しなくてもガスコンセントにつなぐだけなので、手間もかかりません。

住まい探しの際には、ガスコンセントが付いているのかを確認してみるとよいでしょう。

湿気を吸収する洋服などの布製品は収納スペースに

敷きっぱなしのカーペットや布団の裏、クローゼットの奥に長年しまったままにしてあった洋服などに、カビが発生してしまったというのはよく聞く話でしょう。これは、布製品が部屋の中の湿気などを吸収してしまったことが原因です。

洗濯物を部屋干ししていたら、ベッドの布団や収納に収まりきらない洋服に、洗濯物の水分が吸収されていたということも起こります。つまり、洋服などの布製品を部屋に出したままにしておくと、室内の湿気を吸い取り、部屋の乾燥の原因になることもあるのです。

部屋乾燥を防ぎ、室内を快適に保つためにも、洋服などはしっかり収納スペースに片づけておく必要があります。ただし、外出から帰ってすぐの洋服は汗などを吸い込んでいるので、そのままクローゼットなどに入れてしまうと、ほかの洋服に湿気が吸収されてしまいます。洗濯をするか、部屋でしばらく干してから収納するようにしましょう。

部屋の乾燥を防ぎ、すっきりとした部屋で過ごすためにも、十分に収納力のある住まいを選ぶのも大切なことです。

ウォークインクローゼット付きの住まいを見る

エリア別に物件を探す

Powered by

部屋の乾燥を防ぐ対策を実践しよう

人が快適に、そして健康的に過ごすためには、部屋乾燥の対策がとても重要です。加湿器を置くといった自分でできる対策はもちろん大切ですが、間取りや設備の選び方しだいで、部屋乾燥を防ぐことができます。

しっかりと乾燥対策をして、毎日を快適に過ごしましょう。