Question

賃貸でタバコを吸う場合、壁紙の原状回復費は全額入居者の負担?

12年住んで今度退去します。タバコを吸うので壁紙が黄色く変色してヤニの臭いも染み付いています。原状回復の際、やっぱり壁紙の張り替えは全部私が負担しないといけないんでしょうか?

Answer

原状回復に関しては、国土交通省や東京都がガイドラインを公開しているので、そちらを参照すると色々と役に立ちます。

喫煙によって壁が汚れたとしても、通常のクリーニングで落ちる程度の汚れであれば入居者の負担は少なく済みますが、それ以上のものだった場合はやはり一定以上の負担をせざるを得ないでしょう。
ただし、12年もの長期間居住していたなら、少し話は変わってきます。12年も経過すれば、壁紙も劣化していきます。たとえ喫煙をしなかったとしても、12年間の汚れが付着して結局は交換となったかもしれません。これは状況によって判断が変わってしまうとは思いますが、喫煙した部屋とそうでない部屋の壁紙が同程度に劣化していれば、単なる経年劣化によるものとみなされる可能性もあります。ただし、臭いがあまりにも強く残っていたら判断はまた変わってくるかと思われます。
いずれにしろ、先述のガイドラインでは、例えば壁紙は6年で残存価値1円になると例示したりしていますので、それを元にするとなると、壁紙を入居者負担で張り替えなければならないとしても、その費用は安価で済む可能性があるでしょう。
管理会社仲介業者、宅建協会などの専門家に相談したりして、お互い納得できる結論を出すことが望ましいです。