Question

家具家電付きの物件を探しているけど、気を付けた方がいいことってある?

就職のために実家を出るのですが、引っ越しにかかる費用を抑えたいので家具や家電がついている物件を借りようと考えています。 その際、どういうことに注意した方がいいのでしょうか?

Answer

家具家電付きの物件を契約する前に注意した方がいいのは、どれが備え付けでどれが残置物か、ということです。これらの違いは、正常に使用して壊れたりした際に大家さんに修繕の義務があるかどうかです。どの家具が該当するのかは事前に重要事項説明で示されます。
備え付けのものなら大家さんの負担で修繕してもらうことができます。というのも、家具家電が普通に使える状態にして貸すことが賃貸契約の条件と解されるからです。
逆に残置物だった場合、壊れたりしたら自費で修理するか買い替えるしかありません。残置物は法律上は前の住人に所有権があるのですが、ほとんどは退去時にその所有権を放棄するといった合意を大家さんと交わしています。よって退去後は大家さんが一応預かっている形になり、次に部屋を借りたあなたに所有権が移るという形になるのです。そのため、残置物に支障があったとしても大家さんに修繕の義務が発生することはありません。もちろん、残置物を使うのを断ることも可能です。

上記のことに気を付けていれば、普通に使っていても大丈夫です。また、原状回復も特約で特に定められていない限り不要です。