Question

ベランダで布団を干したら怒られた。

新しく入居したマンションで布団を干そうとベランダの手すりに布団を出したら、管理組合から連絡が来てベランダで布団を干すのは禁止されているので室内で器具を使って干してくれと言われました。禁止について重説などでは特に説明されなかったので理由を聞いたところ、風で布団が飛ばされたら危険だし、見た目が良くなくなるためだといいます。高層マンションなら理解できますが、ここは4階建てのマンション、しかも私が入居している部屋は2階だから危険性は低いし見た目もあまり気にならないのではと思うのですが…。

Answer

ベランダに布団を干すことが管理組合の規約上禁止されているのであれば、理由の如何にかかわらず従うしかないでしょう。ベランダは共用部分の一部であり、居住者は管理組合等が定めた規約に従って共用部分を利用しなければならないからです。組合の規約は基本的に重要事項説明で説明されますので、重説の内容を確認してみてください。
ここで注意しなければならないのは、重説で説明されなかった、または重説の説明が誤っていた場合であっても、それを理由に規約を曲げることはできないということです。重説は貸主と借主の契約関係について当事者が理解できるよう宅建業者から説明されるものに過ぎず、管理組合が定めたルールを上回るような効力を持つものではないためです。
布団干しが美観の問題で禁止されることは珍しいことではありません。実際、日本の著名な観光地のすぐ近くに建つマンションは景観を損ねるという理由でベランダに布団や洗濯物を干すことを規約で禁じていることがあります。しかし、多くはその代替となるものとしてサンルームのような物干しスペースや乾燥機などが備え付けられています。