Question

家主からの解約を可能にする特約ってアリなの?

家主がその部屋を必要とする場合は退去しなければならないと特約に記載されていた。いつ退去させられるかビクビクしている。

Answer

その特約は、借主に一方的に不利な条項と解されます。貸主の気分次第でいつでも退去を迫れるからです。
よって、既に有効に成立した契約であったとしても、無効な条項となります。家主が特約を盾に退去を迫っても、その特約は公平性を欠くため無効だと主張すれば問題ありません。どうしても立ち退いてほしいと言ってきたなら、立ち退き料を請求しましょう。もちろん、立ち退き料に不満があれば拒否して居住し続けても構いません。

ただし、家主のほうにやむを得ない事情があれば、解約を拒否することはできないため、一定期間後に退去しなければなりません。
もっとも、そのやむを得ない事情はよほどのことがない限り認められませんので、さほど気にする必要はないでしょう。