Question

プロパンガスと都市ガスって、どうしていろいろ違うの?

料理が趣味で、細かい火加減ができるガスのある物件を探しているのですが、プロパンガスと都市ガスの違いが正直よく分かりません。 全体的に都市ガスの方が安いですよね。だから都市ガスにしたいんだけど、物件の周りはみんなプロパンの物件しかないのです。 これってどうしてですか?

Answer

ガス料金は原油価格の動きによって変動しますが、一般的には都市ガスの方が安価です。それはかかるコストが違うからです。
プロパンガスは家庭ごとにプロパンタンクを設置し、空になったら交換します。ガスタンクを積んだトラックを見かけたことが何回かあるはずです。この交換にコストがかかるため、都市ガスよりは若干高くなっています。
都市ガスは地下に埋められたガス管から供給されるガスを使用します。定期的にガス管の交換が必要になるとはいえ、何年かに1回程度しかありません。そのため一旦設置してしまえばランニングコストがあまりかからず、価格も安い傾向にあります。

周囲にプロパンの物件しかないということは、おそらく地方の物件を探しているからではないでしょうか?
都市ガスは地下にガス管を埋めると先述しましたが、日本ではガス管が通っていない地域の方がずっと多いのです。地方は農地や高地が多く、また家屋の密度が低くなっています。そんな広大なエリアにガス管を埋めて繋げるだけでも長い時間と巨額の費用が必要になり、とても現実的ではありません。よって地方ではプロパンでの供給が一般的なのです。