Question

防音性能の高い部屋って、どう見分ける?

隣の部屋の話声が聞こえて気になります。今度探す部屋はなるべく防音性の高い部屋を探しています。気を付ける点があれば教えて下さい。

Answer

音は空気の振動によって伝わりますので、防音性能を高めるには、この振動をいかに遮断できるかが重要になります。
では振動を遮断するにはどうしたらいいか?
当然、硬ければ硬いほど振動を抑えることが出来ますので、鉄筋やコンクリートなどの質量があって硬いものなら、より高いレベルでの遮断が可能です。逆に、木造や軽量の鉄筋は柔らかかったり、質量が軽かったりするため、防音性は低くなります。

よって、防音性の高い部屋を求めるなら、鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)の物件を探すとよいでしょう。それに加え、壁は十分に厚いか、防音マットなどの緩衝材が使われているか、という細かいポイントのチェックもしておくことも重要です。
お部屋選びの際は、そのあたりまで突っ込んで確認するとよいです。