Question

フローリングがボロボロ。これは全部入居者負担になる?

入居した時は綺麗だったフローリングがいつの間にかボロボロになってしまっていました。原状回復の際は全部入居者側の負担になるのでしょうか?

Answer

内容によります。例えば東京都の原状回復のガイドラインでは、フローリングが傷ついてしまった原因や傷つき方によって負担者が変わります。

フローリングのワックスが剥げてしまった場合は、大家側の負担になります。普通に住む時、ワックスがけまでやる人は少ないでしょう。というのも、ワックスがけは物件の維持管理の意味合いが強く、大家側の担当範囲とみなされているためです。

一方、フローリングの色落ちや傷に関しては、日照などによる自然な色落ちは経年劣化とみなされて大家側の負担になりますが、それ以外の色落ちや傷は基本的に入居者負担となります。例えば傷については、家具やキャスターなどの傷がつきやすいものを使う際、本来なら傷がつかないように慎重に扱い、また傷がつかないように対策を取るべきだったとして入居者の責任となるわけです。なお、この修繕の際、経年劣化は考慮されずに全額入居者負担となる点には注意してください。
もし、ちょっとした傷しかないのに全面張り替えるというような明らかに度を越した修繕を要求されたら、専門家に相談してみてください。