Question

夜逃げをしたらどんな問題がある?

色々とやらかして借金が膨らみ、ガラの悪い人たちが毎日のように取り立てにきます。できるだけ誰にも迷惑かけないようにと思いましたが、万策尽きたので最小限の荷物をまとめてこっそりと出て行こうと思います。 夜逃げするとどのような問題がありますか?

Answer

出来るだけ誰にも迷惑をかけたくないのなら、夜逃げ自体をやめるべきです。
夜逃げをしてしまうと、まず大家さんは家賃の支払いを求めて連帯保証人に掛け合うことが考えられます。その後もろもろの処理は全て連帯保証人がやらなければならないのです。この時点で連帯保証人に多大な迷惑をかけます。
連帯保証人が捕まらなかった場合、大家さんは信頼関係の破壊などを理由に賃貸契約を即刻解除し、部屋の明け渡しを求めて提訴します。約3ヶ月で判決が下り、その後に部屋の残置物の処分のために強制執行を申し立てます。そうしないと残置物を勝手に処分できないのです。部屋を再び貸せるようになるまでの間、大家さんの家賃収入は0円です。それだけでなく、裁判などの手続きに多くの時間を費やさなければなりません。非常に迷惑な話です。
何よりも、夜逃げする本人が問題です。逃げたところで追手に怯えながら隠れるように生活しなければなりません。働き口も新たに探さなければなりません。それに、もし追っているのが反社会的勢力だったなら、命の危険もあるでしょう。
結局、夜逃げしても何の解決にはならないどころが、事態をより悪化させるだけではないでしょうか?

…もし本当にどうしても夜逃げを実行したいのであれば、最低限でも大家さんに解約を通知しましょう。口頭でも書置きとして書面に残す形でも構いません。その際、残置物の処分方法も併せて伝えるようにしてください。