Question

1階に住む利点ってあるの?

1階のお部屋が安かったので、お部屋さがしをしている友達に伝えると、「1階はイヤ!」というのです。 そういえば、1階より2階以上の方がいいという人が多いように思います。これって何故?

Answer

2階以上に住む人が多いのは、重視するべきポイントが景色や日照などにあるからです。
実際、高齢の方は足腰が弱っているために1階を希望される割合が高いのですが、若い人は階段の昇降が特に苦ではありません。そのため、2階以上のお部屋のメリットである景色や日照を重視する傾向にあります。年代によっても異なるのです。
では、1階に住むメリットとは何なのか。

・2階以上より家賃が安いことが多く、物件によっては管理費も安く設定される
・階段やエレベーターが不要のため、引っ越しや移動が楽
・下階に気を使う必要がない
・転落事故の危険性がない
・場所によっては庭付きの物件もある

疲れている時は階段の昇降が面倒だったり、急ぎなのにエレベーターがなかなか来なかったりなど、2階以上だとこういう些細な不満点がいろいろ出てきてしまうものです。また、玄関から搬入できない大型の家具は追加料金を払ってベランダから吊り上げて搬入しますが、1階住みならそれは不要です。
小さなお子さんのいるファミリーでは、階下への気遣いが不要なのと、転落事故の危険性が少ない点でメリットがあるといえます。

何を重視するかは人それぞれです。これらのメリットとデメリットをシンプルに比較するのがよいでしょう。