Question

ハウスクリーニング代は借主が負担しないといけないのですか?

ハウスクリーニング代は借主が負担すると契約書の特約のところに書いてありました。これは本当に借主が負担しないといけないものなのですか?

Answer

結論から言うと、ハウスクリーニング代は原則大家さんが負担すべきものです。
一般的には、汚さずに使用して退去の時に丁寧に清掃をすれば、使用感はあるもののクリーニングは不要に思えます。それにもかかわらず、わざわざプロにハウスクリーニングをしてもらうのは、次の入居者に部屋を提供するための前準備を兼ねているからなのです。そこまで借主が負担するのは理屈に合わない、と考えるのは当然のことかもしれません。
繰り返しますが、クリーニング代は大家さん負担が基本です。

しかし、大家さんはこれを契約のときに、「特約」という形で借主負担とすることができます。要は、本来は大家さん負担であるという基本を覆し、借主に負担させているわけです。契約時、特約に「ハウスクリーニング代は借主負担とする」とあった場合、借主はこれは本当は大家側が負担する費用だと主張してこの特約を拒否することは出来ます。しかし、そうなったらその物件に入ることは難しくなるでしょう。
何故なら、大家さんが、この特約を飲めないなら部屋を貸さない、と契約自体を拒むのがほとんどだからです。大家さんの方にも入居者を選ぶ自由があるので、この条件を飲めないなら部屋は貸せないと判断することは何ら問題ありません。
また、現在では、ほとんどの大家さんがこのハウスクリーニング代を借主負担とする特約を採用しており、もはや慣例に近くなっています。どうしても負担をしたくないのであれば、ハウスクリーニング代を取らない物件を探し出すしかありません。

蛇足ですが、よくあるケースに退去時にハウスクリーニング代を勝手に徴収されたとクレームをつけるというものがあります。実はこれは契約書を確認しなかった借主の方に責任があります。契約書はサインする前に隅々まで確認し、疑問点等があったらすぐに確認して両者の認識のすり合わせをすることです。サインしてからでは遅いのです。