Question

結婚したから賃貸契約の名義を変更したいけど、再契約扱いになるの?

近々結婚予定で、彼女が現在契約しているマンションに居住することになっています。彼女の苗字が変わることに伴い、この機会に彼女名義でされている賃貸借契約を自分名義に変えようと思っています。そういう場合、再契約になるのでしょうか?また、再契約となるなら、敷金や礼金が新たに必要になってくるかについても知りたいです。

Answer

契約者を妻から夫へと変更する場合は、おっしゃる通り名義人が変わることになるので、大家さんの承諾が必要になります。その際の対応は大家さん次第で変わってくることになります。普通に契約上の名義人を変更するだけでスムーズに済ませられる場合もあれば、承諾しなかったり、承諾するとしても名義変更料や手数料といった名目の敷金礼金に相当する金銭を要求されてしまう場合もあるでしょう。
ただ、これにはいくつか例外があり、相続による名義人の変更や離婚などによる財産分与といった手続き上の特殊なケースなら承諾不要となります。
いずれにしろ、手間をかけたくなければ、賃借人は彼女のままにしておいた方がいいのではないでしょうか。結婚などのために姓が変わったとしても、その旨大家さんに伝えれば普通に契約上の姓を変更する程度で済むことが多いです。これは名義人そのものが変わるわけではないためです。それでも変更したければ、大家さんとコミュニケーションを取りながら進めてください。

本質問からは少し外れますが、同居する前にその物件は2人以上入居可なのかどうかのチェックを忘れずにしておきましょう。実際、単身用なのをうっかり忘れて新婚生活を始め、大家さんに契約違反として退去を請われたというトラブルは珍しくありません。