Question

申し込んだのに大家さんの事情で断られた。納得できない!

気に入った部屋を一番手で申し込み、申込金も払ったのに、その後大家さんから友人を入居させるということで契約を断られた。 一番最初に申し込んだのはこっちなのに…納得がいかない!

Answer

こちらが先に申し込んだのに後からの人に抜かされてしまったなら、確かに納得できないと思うのは無理もありません。
しかし、残念ながら、このケースは法的にどうにかすることは難しいでしょう。
まず、申し込みとは、厳密には「この部屋に住みたいので申し込みます」と家主に伝えただけに過ぎません。大家さんが住むことを了承して初めて契約が成立するのですが、このケースでは大家さんは了承せず逆に断りを入れているので、契約は成立すらしていません。また、先着順だと明言されてもいない限り、一番早く申し込んだのだから契約しろと迫ることはできません。
納得できないとは思いますが、スパッと諦めて別の物件を探したほうが時間が無駄になりません。あと、申込金は忘れずに全額返却してもらってください。

もちろん、大家さんが一旦了承した後に断ってきたなら、それは契約違反となります。速やかに契約違反を指摘し、違約金を請求しましょう。