Question

礼金0の部屋を探しにきたのに礼金ありの部屋を勧められる。なぜ?

礼金0の条件で部屋を探しているのに、礼金1や2の部屋をよくすすめられるけど何で? おかしくない?

Answer

確かに、自分の条件と合わない物件をすすめられるのはいい気がしないものですが、不動産屋もわざとやっているのではないのです。

家賃や礼金は大家さんにとって貴重な収入源のため、礼金はとれるならとりたいのですが、空き部屋があるとその分家賃収入が減ることになるので、すぐに部屋が埋まるようにと礼金を0円に設定したりします。なかなか借り手がつかない理由はさまざまですが、最も多いのは、「単純に住むといろいろ不便だから」という点です。ここがポイントとなります。

不動産屋としては、礼金が0円であっても、そういう生活に不便なお部屋を貸すのはちょっと迷惑かな…、とお節介にも考えてしまうのです。
確かに礼金がなければ初期費用が低く抑えられるでしょうが、長く住むのであれば、生活が不便だと次第に不満がたまってくるものです。(やっぱり礼金がかかってでももう少し便利な所に住みたかったな)と思われる居住者は、実は少なくありません。
不動産屋が少しでもお客様の条件に合うお部屋を探していこうにも、そういうお部屋はそうそう空いていません。大家さんも黙っていても借り手がつくような部屋なら、礼金をつけてその分儲けようと考えます。そのため、快適なお部屋ほど礼金が発生しやすくなりますし、特に繁忙期はその傾向が強くなると思ってください。

とはいえ、礼金0の物件でも快適で便利なお部屋が時々紛れて出てくることは当然あります。
そういう掘り出しものの物件を偶然探し当てるのも、お部屋さがしの楽しみの一つかもしれません。