Question

退去手続きせず後輩にそのまま部屋を貸してもよい?

引越しを考えていたが、後輩が家賃を代わりに払うから部屋に住ませて欲しいと言ってきた。新しく借りれば初期費用がかかるので、それを減らしたいためとのこと。 確かにその方がお金もかからないけど…いいのでしょうか?

Answer

先輩が部屋を借り、更に後輩へ部屋を貸すという流れは、いわゆる転貸と呼ばれるものです。そして、現在の賃貸借契約は、ほとんどの場合において転貸を認めていません。もしこれが大家側に露見した場合、重大な契約違反として解除を求められてもおかしくありません。
仮に転貸が認められたとしても、後輩が家賃を滞納したら、大家は先輩に督促します。先輩が実際に住んでいるのは後輩だと主張しても、それは聞き入れられることはありません。契約書類上での契約者は先輩であり、正当な請求先に請求しているのだから全くおかしいことではないのです。それだけではなく、原状回復費用や敷金等でも色々と揉める可能性が高くなるでしょう。

面倒であっても、大家に事情を説明して先輩は一度賃貸借契約を終了して敷金等の精算を済ませ、原状回復はせずに後輩と大家側が新たに賃貸借契約を結ぶ、という形が一番無難と思われます。無論、契約料などの初期費用はいくらかかかるでしょうが、事情を話せば少しは割り引いてくれるかもしれません。