Question

壊された扉は誰が弁償することになるの?

誰か知らない人に扉を壊されてしまったようで、扉の一部がへこみ、開閉に支障が出ています。この場合、誰が修理代を持つのか良く分からないのですが。

Answer

扉などの生活に必要な設備が壊れたら、基本的には修理代は大家さんの負担となります。
今回のケースは、誰が壊したか分からない状況なので、とりあえずの所は大家さん負担で修理ということになるでしょう。壊した犯人が見つかれば、大家さんはその人に修理代を請求できます。
ただし、壊した人が入居者の家族や友人だったりしたら、事情は少し異なってきます。部屋に招待した、遊びに来たなどの理由で部屋を訪れたのであれば、扉の故障は入居者に原因があることになるので、修理代は入居者負担となります。