Question

仲介手数料とは? 内訳はどうなっているの?

賃貸仲介業者へ払う仲介手数料って何でしょうか? 何のために払うのかについてや、手数料の内訳について教えてください。

Answer

仲介手数料を一言で言い表すなら、契約成立の「成功報酬」です。

仲介業者は、貸主(大家さんなど)と借主(お客さん)の間に立ち、双方が賃貸借契約を結ぶための仲立ちをしています。
貸主からは物件の情報を提供してもらい、こういう条件で貸したいので借主を紹介してほしいと依頼されます。
一方、借主からはさまざまな条件を提示され、これに沿うような物件があれば紹介してほしい、内見できるならしたい、と相談を受けます。
そして双方の意に添うように調整や交渉を行い、上手く契約締結までいけばその成功報酬として受け取る金銭が仲介手数料となります。無論、交渉がまとまらなければ手数料は一銭も受け取れません。

仲介手数料の内訳は、宅建業法という法律によって「家賃のみ」、「金額上限は家賃1ヶ月分+消費税」と定められており、純粋な家賃以外の額を含めて請求することは認められていません。また、仲介業者は貸主や借主と交渉をする前に、「仲介手数料は家賃の○%です」というように手数料の割合について告知しなければならないことになっています。
よって、駐車場利用料や共益費管理費などの諸費用が含まれた仲介手数料は法律違反となります。例えば、家賃5万円、その他の費用が合計1万円という物件なら、仲介手数料は「最高5万円+消費税分」までとなります。もしそれ以上の金額の仲介手数料を請求されたなら、その請求は違法です。
相談する前に、手数料についてしっかりと確認しておきましょう。