Question

仲介手数料が1ヶ月と0.5ヶ月と0円の不動産仲介業者があるけど、なぜこうも違うの?

町には何軒もの不動産仲介業者が並んでいますが、仲介手数料が家賃の0.5ヶ月分とある業者や、手数料0円をうたっている業者もあります。借りる方からしたら手数料は無料の方がいいと思うけど、どうしてこうも違うんでしょうか?

Answer

宅地建物取引業法という法律では、仲介業者が貸借を仲介した際に依頼者から受け取れる金銭、すなわち仲介手数料の合計は、「賃料の1ヶ月分に相当する金額以内に収めなければならない。また、依頼者が承諾した場合を除いて、1ヶ月分の賃料の2分の1までとする」となっています。ここでいう依頼者とは、貸主(大家さん)と借主(お部屋探しをするお客さん)の両方のことを指します。2分の1ということは、仲介業者は本当は貸主と借主の両方からはそれぞれ最大で賃料0.5ヶ月分の手数料しか受け取れないことになります。
それなら賃料1ヶ月分の仲介手数料を取る業者は違法じゃないの、と思うでしょうが、実際は貸主からは手数料を受け取らない業者が多いのです。また、仲介業者は借主と取引をする前に仲介手数料は家賃の1ヶ月分と伝えており、借主がそこで取引を継続すればその時点で先述の「依頼者が承諾した場合」に該当したとみなして1ヶ月分の手数料を取ることができます。よって、宅建業法に反していることにはなりません。
手数料0.5ヶ月を掲げている業者は、原則通り貸主からも0.5ヶ月分を取って合わせて1ヶ月分としているか、集客手段の一つとして敢えてそう設定しているか、など色々な事情が考えられます。
仲介手数料を取らないという業者は主に自社物件を扱う業者、すなわち貸主が業者を兼ねている場合が多いのですが、貸主から1ヶ月分の手数料を受け取っている業者もいます。また、UR賃貸の物件は仲介手数料を取ることを禁止しています。
このような様々な事情や思惑によって手数料が違っているのです。