Question

壁紙に刺した画鋲やピンの跡は入居者負担となる?

退去する際にカレンダーやポスターを剥がしましたが、刺した画鋲やピンの跡が少し目立ちました。この原状回復費用は入居者が負担するのですか?

Answer

各機関は原状回復のガイドラインを公開しており、例えば東京都は「ポスターやカレンダー等の掲示は通常の生活に置いて行われる範疇のものであり、そのために使用した画鋲、ピン等の穴は、通常の損耗と考えられる」と規定しています。
よって、普通に刺して開いた穴であれば負担の必要はありません。ただ、壁一面にポストカードを貼ったせいで画鋲の跡がびっしりとついてしまったり、太いピンを何度も刺したため大きな穴がくっきりと残ったり、というような過剰な使用状態であれば、一部負担となることはありえるでしょう。