Question

泥棒が割った窓の修理代って誰が負担するの?

泥棒が入って窓ガラスが割られた。この窓は誰が修理代を支払うのですか?

Answer

筋から言えば泥棒が支払わなければなりませんが、今のところは、部屋の設備である窓ガラスの所有者である大家が支払うことになります。
もし泥棒が入居者の私物を壊したなら、それは大家に直す義務も義理もありません。所有者である入居者が修理代を支払うのです。
もちろん、泥棒が捕まれば、大家は泥棒に対してガラスの修理代を請求できます。
捕まらなかったなら、大家の加入している保険会社が支払うか、あるいは大家自身が自腹で修理します。

いずれにしろ、窓ガラスの破損が入居者の責にないことであれば、修理代を払う必要はありません。